全国宅配クリーニング 【せんたく便】

ドライクリーニング 種類

ドライクリーニングは、洗剤を溶かした水を使わずに、有機溶剤を使って洗う方法のことです。油は水に溶けないので、油脂系の汚れを落としたい時には、油を溶かすことができる有機溶剤を使うと有効だということですが、それ以外にも、水を使わないので色落ちや型崩れなどの心配が少ないというメリットがあります。皮脂や排気ガスなども油脂系の汚れに含まれますので、水洗いではなかなか落としにくい汚れは色々あるようですね。

一般的に私たちに身近な有機溶剤とは石油、灯油、ガソリンなどになります。ただし、これらを洗濯に直接使用する訳ではなく、石油系溶剤(クリーニングソルベント)、もしくは塩素系溶剤(パークロロエチレン)を利用します。石油系溶剤の特徴は衣類に優しい洗浄力で、特にデリケートな衣料の洗濯表示にはドライ・セキユ系での洗濯を指示してあることが多いようです。

一方、塩素系溶剤は、繊維だけではなく金属の洗浄などにも使われる、かなり危険度の高い溶剤です。汚れ落ちはかなりよいので、石油系溶剤では落とせないような場合に使われるようです。

石油系ドライクリーニング

ドライクリーニングの中でも特にデリケートな衣類に対応したものが石油系ドライクリーニングです。水洗いよりも洗浄力が強いと思いがちですが、水洗いでは落とせない油脂系の汚れに対して有効ということであり、水溶性の汚れに対しては水洗いの方が有効です。

衣類によっては、石油系ドライと水洗いのどちらも可能とされているものがありますが、その場合には付着した汚れがどのような性質の汚れかを見極める必要があります。水溶性の汚れであれば水洗いになります。クリーニング店に任せるなら問題ありませんが、ご家庭で水洗いされる場合には、石油系ドライの指示もあるということはデリケートな素材であることが考えられますので、洗濯機のドライコースを使い、ドライ衣類用の洗剤を使う方がようようです。

ドライクリーニング 洗剤

ドライ衣類用の洗剤と、普通の洗剤は何が違うのでしょうか? 一番重要なポイントは衣類の縮みなどのダメージを抑えるように工夫されている点なのだそうです。

現在、主流なのは、洗剤にコーティング剤を入れてあるタイプです。繊維をコーティングすることで、衣類に対するダメージを最小化するという仕組みのようですね。中性洗剤タイプのものもあるようですが、色落ちに対しては一定の効果が期待できるものの、縮みや型崩れなどを防止する効果は低いようなので、できるだけコーティング剤配合タイプを選ばれた方が安心です。

ただし、本当に縮みや色落ちなどのダメージを避けたい大切な衣類であれば、プロに任せるのが一番安心ですね。

≫ 全国宅配クリーニング 【せんたく便】
 

 



【プロフィール】

© 2018 クリーニング 宅配 rss